2017
04.03

TEA VENIR(ティー ベニール)* 「抹茶のフレンチトースト」

Category: @京都
ランチの後の口直し!四条通沿いのショップ『SOUVENIR 京都』さんに併設するカフェ、『TEA VENIR(ティー ベニール)』さんにうかがいました。正しい入口は写真のような花見小路を西に折れた先右手側ですが、『SOUVENIR 京都』さんの奥のドアからも入れます。



アートディレクション(演出)は『DRAFT』、店舗デザインは『Luft』というデザイン会社が手掛けられ、椅子は家具メーカー『天童木工』の特注品。そんなお店がお洒落じゃないわけないわけで。中庭もあって雰囲気は文句無しです(o´∀`o)

さて、こちらで以前から気になっていたのがこちら、「抹茶のフレンチトースト」(650円)!
紅茶とセット(ドリンク100円引き)でいただきました。

何と言ってもこの見た目のインパクトが凄いですね。まっっっちゃ!!

IMG_6277_convert_20170403003427.jpg

デニッシュパンに抹茶と粉砂糖がかかっています。添えはバニラアイスです。
このデニッシュパンのまあ厚いこと♡抹茶と粉砂糖もたっぷりかかっています。

IMG_6283_convert_20170403003434.jpg

お味の方ですが、想像していたよりも抹茶の苦味引き立っています。粉砂糖は不均等にかかっていて、苦いところがあったり甘いところがあったり。ナイフで切る場所によって味が異なるので飽きずに食べられます。

個人的にはデニッシュパンとの一体感に欠けるかなと思いました。極端に言えば、デニッシュパンに抹茶と粉砂糖が乗っただけ。デニッシュパンに染みた卵液と抹茶の相性が微妙だったのかもしれません。

とはいってもデニッシュパンのフレンチトーストはじゅんわりした感じは美味しいし、抹茶もほろ苦い感じがいかにも抹茶らしくバニラアイスと合わせて美味し(๑ơ ₃ ơ)♪

ところでこのプレートやティーカップ、陶磁器ブランド『yumiko iihoshi』の「un jour」というシリーズらしいです。グラスも明治 43 年創業の「木村硝子」というこだわり様は、さすがお洒落雑貨店の併設カフェ。後から調べた情報だったので、行く前に知っていたらもっと楽しめたかもしれません。もったいなかった!(ノД`)シクシク

しつこいようですがお洒落カフェです!女子率高し!
メニューはそれほど多くはありませんが、祇園界隈で雰囲気重視でカフェを選ぶなら入りやすくておすすめのお店です。

ごちそうさまでした。

HP* Link
【SOUVENIR 京都】※TEA VENIRの併設ショップ
http://kyoto-souvenir.co.jp/brand/souvenir_kyoto/
【食べログ】


関連ランキング:紅茶専門店 | 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
04.02

<イースター>チョコレートコレクション* リンツ

リンツ関西アンバサダー就任後、初の活動は「イースター」です!!٩(ˊᗜˋ*)و

十字架にかけられて没したキリストが、その3日後に復活したことを祝うイースター(復活祭)。日本ではなじみが薄いものの、欧米ではとても重要な春の祭典です。

よってスイスのブランドである『リンツ』にとっても大切なお祭りなんですね。毎年、春の訪れをわくわくさせてくれる華やかな商品が並んでいます。

イースターは移動祝日のため毎年日付が異なります。2017年は4月16日(日)だそうです。
それに向けてリンツさんから春の便り、イースターのチョコレートが届きました♡

IMG_6494_convert_20170402003331.jpg

■リンツゴールドバニー 100g(820円)

IMG_6557_convert_20170402003503.jpg

超逆光&飾り無しですみません(汗)

うさぎは多産のため、豊穣と繁栄を象徴するイースターのモチーフですが、「ゴールドバニー」は春の訪れを告げるリンツのイースターのシンボルとして毎年登場するうさぎちゃんです。その由来は1952年、今から65年ほど前のこと。

当時のチョコレート職人の家に現れたうさぎに彼の息子は大喜び。しかしすぐにどこかに行ってしまって大泣きしてしまった息子のために、うさぎの姿をしたチョコレートを作りました。首の赤いリボンと鈴は、うさぎがどこへ行っても今度はすぐに見つけられるようにとつけられたもの。

チョコレート職人の優しさと息子への愛情が生み出した「ゴールドバニー」は、今年もリンツの春を彩っています。

こちらはスタンダードサイズの100gですが、他に10g、50g、200g、1kgまで大小様々。
また100g商品に関しては、味の種類がミルク・ダーク・ホワイトとあり、それぞれリボンが赤・茶・白になっています。どれも可愛くどれもおすすめです(*δωδ*)」

■ミニゴールドバニー5x10g(750円)

IMG_6529_convert_20170402003412.jpg

続いてこちらは10gのミニサイズ。5匹(5羽?)のゴールドバニーちゃんがお花畑の中から顔を出しているパッケージも、とってもキュートで目を引きます♪

■リンドール エッグパック ミルク(1,371円)

IMG_6523_convert_20170402003400.jpg

イースターのシンボルと言えばうさぎともう一つ、そう、「たまご」です!イースターでは生命のはじまりを意味します。クックパッドにもこの時期になると、ゆで卵に装飾を施すイースターエッグが検索トップに上がってくるので楽しいですよ(*^^*)

リンツの定番チョコレート「リンドール(ミルク)」が、イースターではまんまる形からたまご形に変身☆たまごパックに納まる姿はまるで本物の卵?いえ、チョコレートです(´∀`)クス

このパッケージが個人的に大好きです♪

■リンドールエッグ(ミルク・ストラッチアテラ)

IMG_6551_convert_20170402003451.jpg

同じくたまご形の「リンドール」。赤い包装がミルクで、青い包装がストラッチアテラです。

ストラッチアテラは、ピターなカカオ片入りのホワイトチョコレートのシェル(外枠)の中に、ホワイトチョコレートのフィリングを詰めた「リンドール」。「リンドールエッグ」シリーズは他にココナッツ味があり、全3種類です。ただしアソートパックもあります。

■リンドールスプリング(920円)

IMG_6541_convert_20170402003435.jpg

こちらはイースター商品ではありませんが、お花畑をイメージした明るい包み紙が春限定の「リンドール」です。

ミルクチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートのフィリング。
シンプルに美味しすぎるので2日で食べてしまいました。ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

***
リンツのイースター商品、他にもたくさんありますので、特集ページもぜひ覗いてみてください♪
【イースターコレクション特集】http://www.lindt.jp/spring/

また、4月17日(月)までイースター商品が当たるキャンペーンも開催されています!
【イースターキャンペーン】http://www.lindt.jp/contents/chocolat-cafe/15118/

そして京都に続き、「リンツ ショコラカフェ 阪急西宮ガーデンズ店」が3月25日にオープン。

アウトレット以外では関西2店舗目!京都住まいの私はなかなか足を運ぶことは少ないかと思いますが(電車の乗り換えが面倒で・・・)、店舗情報は載せておきますね。
【リンツ ショコラカフェ 阪急西宮ガーデンズ店】http://www.lindt.jp/contents/shop/653/

食べログはまだレビューがありませんが(2017/4/2時点)、これから増えていくと思います。
【食べログ】https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28048609/

リンツのイースターのコレクション、とっても可愛く、変わらず美味しかったです。
春の訪れとともに、ごちそうさまでした✿

#リンツ #Lindt #リンツ関西アンバサダー #LindtKansaiAmbassador #イースター #Easter #チョコレート #ゴールドバニー #GoldBunny #Lindor #リンドール #リンドールエッグ #リンツショコラカフェ #リンツショコラブティック
Comment:0  Trackback:0
2017
03.29

ベルアメール京都別邸* 「ショコラベリーパフェ」

Category: @京都
日本生まれのチョコレート専門店『ショコラ ベルアメール』さん。百貨店を中心に全国展開されていますが、2015年には『ベルアメール京都別邸』が初のカフェ併設店としてオープン。2017年3月現在も、カフェ併設店舗は京都別邸のみです。

京都の風情に合う町家造り。20時まで営業されているので仕事帰りに行ってきました♪(と言っても昨年の11月ですが・・・)

写真_2016-11-28_17_26_05_convert_20170321003455

暖簾をくぐった先の1階は販売スペースになっています。京都の店舗は他にジェイアール京都伊勢丹店がありますが、テイクアウト商品のラインナップは恐らくこちらの別邸の方が多いように思います。

そして階段を上がった2階がカフェ(ショコラバー)。まさしく町家という感じの温かい雰囲気で、広くもなく狭くもなく。私が行った時は10人位の団体客もいらっしゃいました。

そして魅力的かつ魅惑的なメニューは迷うこと必須!アフタヌーンティーセットが食べたいところでしたが、2名~だったので断念。「ショコラベリーパフェ」(1,296円税込)をいただきました。

来て見てびっくり。まさにチョコレートの宝石箱!美しい~!!(´っω<*)

写真_2016-11-28_17_04_12_convert_20170321003523

が、見栄えが良い分、食べる時は慎重にいかないと上から苺が落っこちそうになったりするので注意。ご覧の通り、上から見ると苺やブルーベリーがごろごろ乗っかってます。

慌てることはありません。上からじっくり味わっていきましょう(・ω<)☆

写真_2016-11-28_17_05_18_convert_20170321003532

グラスの上に見えるのはチョコレートテリーヌ。刺さっているのはマカロン、アーモンドとカカオのチュイル。
グラスの下は生クリーム、バニラアイス、チョコレートアイス、フランボワーズソースの四重奏。

個人的にチョコレートとベリーの組み合わせは商品・メニューによって選ぶのですが、こちらのパフェはとてもコンビネーションが良くて美味しいと思いました。チョコレートアイスとベリーの酸味のバランスがとても好み。あとテリーヌは一口食べると忘れられない濃厚さで素晴らしかったです。

この時は1種類しかなかったパフェですが、今は3種類あるようです。

あと開店当初から話題だったメニューは「ミルフィーユと-196℃で作るアイス」でしょうか。私の隣に座られた一人客の女性が頼まれていましたが、店員さんが実演でアイスを作られるので、一人でものすごく注目の的となってソワソワされていました。2人以上ならとても盛り上がる演出だと思います。2人以上いる時の注文がおすすめです(`・ω・´)キリッ

チョコレートドリンクもいただいたことがありますが、濃厚で王道に美味しかったです。以前書いた『リンツ』さんのチョコレートドリンクはさっぱり系でしたが、『ベルアメール』さんは濃い系。それでも外国系他社に比べたら控えめかと思います。

カフェ以外にもテイクアウトでソフトクリームがいただけるので、食べながら三条通を散策するのも楽しいかもしれません。

「日本に合うショコラ」がコンセプトの『ベルアメール』さん。どれも見た目が華やかなのでプレゼントにも良いですが、チョコレート自体は結構個性があるので好みは分かれるかもしれません。私も商品によってはクセを感じるものがあります。

最近はどこも多くなりましたが、1階の販売スペースに男性グループがちらほらいたのは印象的でした。男女問わず入りやすいお店です。

食べたいメニューがたくさんあるのでまたうかがいます!
ごちそうさまでした♪

HP* Link
【ベルアメール京都別邸】
http://www.belamer-kyoto.jp/index.html
【食べログ】


関連ランキング:チョコレート | 烏丸御池駅京都市役所前駅烏丸駅


Comment:0  Trackback:0
2017
03.14

リンツ ショコラ カフェ(京都四条通り店)* 「ショコラ・グラッセ・リエジョワ」

Category: @京都
内覧会にご招待いただいてから10日あまり経った13日の夜6時。『リンツ ショコラ カフェ』京都四条通り店に再びやってきました!(内覧会の様子についてはこちらの記事をご覧ください♪)



3月3日のオープンから間もないし、夜の方が空いてるかな?と思っていったのですが、、忘れてました。次の日ホワイトデー!はからずも仕事帰りの男性のお客さんがいっぱい!Σ(゚Д゚)ワオ!!

ほとんどのお客さんが商品片手にレジに並んでいましたが、私の目線はすぐさまカフェスペースへ。よし!空いてる!(`・ω・)✧

お店の奥のカフェスペースは、2人掛けの小さな丸いテーブル5つの計10席。
落ち着ける雰囲気はありませんが、それでも食べたい!リンツのカフェメニュー!

内覧会の時にはいただけなかった、「ショコラ・グラッセ・リエジョワ」(802円税込)を注文。
オーダー後は出来上がるまでしばらく待機。レシートにある番号が呼ばれたら取りに行くスタイルです。今回は混んでいたので時間はかかりましたが、それでも5分くらいかな?

IMG_6478_convert_20170313232741.jpg

「ショコラ・グラッセ・リエジョワ」は、言うなればパフェ。
リエジョワは「リエージュ風の」を意味するフランス語。リエージュはリンツの生まれたスイスの都市だそうです。豆知識。

底はカリカリのクルスティヤン(砕いたヘーゼルナッツクッキー)、
中にやわらかなチョコレートのソフトクリーム、
上はふわふわのクレームシャンティ、そしてアーモンドのヌガティーヌと薄いチョコレートが刺さっています。

食べ進めながら味も食感も変化していくので、最後まで飽きずにいただけます。
チョコレートソフトクリームは濃厚というよりむしろさっぱり。底のクルスティヤンはカリカリをそのままも良いですが、ソフトクリームと混ぜて食べるのが美味です♡(*´∀`*)

カフェと言っても基本的にはスタバのようなフリーなスタイルです。カウンター前にゴミ箱があるので、食べ・飲み終わったら仕分けして捨てます。同じところにお手拭きやナプキン、お水があります。お水は小さな紙コップに自由に入れることができます。

なお、今回いただいた「ショコラ グラッセ・リエジョワ」はプラスチックのカップに入っていますが、銀座店にはグラスに入ったさらに豪華な「ショコラ グラッセ・リエジョワ」があります。いつか銀座店のも食べてみたいなあ~

それにしても京都はチョコレートショップの進出が激しいですね。激戦区になってきていますが、個人的にはリンツは大好きなチョコレートショップの一つなので応援しています。

季節の限定メニューもあるので、季節ごとに通って行きたいと思います。

ごちそうさまでした♪

HP* Link
【リンツ】
http://www.lindt.jp/
【食べログ】


関連ランキング:カフェ | 烏丸駅四条駅(京都市営)河原町駅


Comment:1  Trackback:0
2017
03.12

嬉々屋来ん来ん(ききやこんこん)

Category: @関西その他
レビュー遅っ!とか聞こえてきそうですが、1月の寒い日に奇縁な仲間5人でやってきたのは『嬉々屋来ん来ん(ききやこんこん)』さん。天神橋筋商店街にある居酒屋さんです。



6人掛けのテーブル席に通していただけました。半個室みたいになっているので、他の席を気にせずゆっくりできます。上を見上げると大きな大きな鍋?釜?が置いてあります。ひっそりと置かれすぎて逆に興味を引きます(・ε・)プッ

さて、この日は15時から飲んで3軒目。
下戸の私はすでに気分フワフワ。( ˘ω˘)スヤァ

そんな私の目を覚ましてくれたのが「スパンキー麻婆豆腐」。
ランチ限定のメニューと書いてましたが、無理を言って作っていただきました。ごめんなさい!でも嬉しい!麻婆豆腐だ~♪

IMG_6318_convert_20170312004043.jpg

刺激的だけど辛すぎない、山椒の香りと辛さ加減が好みの塩梅です。すっごくすっごく美味しかった!(*≧ω≦*)

これは白いご飯がよくすすみますよ。というかご飯かかせませんよ。
ランチではご飯・サラダ・スープが付いて800円とお手頃価格。

※ただし現在、ランチ営業は休止されています。代わりに夜メニューに麻婆豆腐が加えられたかどうかはお問い合わせください。

一人は麻婆豆腐以上にスープに感動していましたよ。スタッフの方によると普通のスープとのことでしたが、お出汁が良いのかも?

IMG_6320_convert_20170311232345.jpg

3軒目だったので他に注文したメニューは少ないですが、それでも2品いただきました。

■「串カツ盛合わせ」(600円)

IMG_6315_convert_20170311232355.jpg

個人的に赤ウィンナーの串かつはテンションが上がります。うずら卵やレンコンも好き。
机にタレが置いてあるので漬けていただきます。二度漬けは禁止ですよ(・ω<)

種類は沢山、一本88円なのでお好みのものをバラで頼んでも全然良いかと思います。

■「お造り盛合わせ」(600円)

IMG_6317_convert_20170311232404.jpg

卸売直営店というだけあって、600円でこのお造りの味と内容はお得!

『嬉々屋来ん来ん』さんはとにかくメニューがリーズナブル。広くはないお店ですが、くつろげる空間で、男女問わず利用しやすいと思います。実際、お店に入った当初はまばらだったお客さんも、帰る頃には満席。女性同士や男性同士、グループからお一人さまも。宴会におすすめです。

スタッフの皆さんにはわがままを聞いていただきありがとうございました。
ごちそうさまでした♪

HP* Link
【炉ばた・串カツ 嬉々屋来ん来ん 南森町店(ぐるなび)】
https://r.gnavi.co.jp/ccpyxzx40000/
【Facebook】
https://www.facebook.com/kikiya.tenjin/
【食べログ】


関連ランキング:居酒屋 | 大阪天満宮駅南森町駅北浜駅


Comment:0  Trackback:0
back-to-top