2011
03.10

ひな祭り* 「ちらし寿司」「ひちぎり」

Category: 日記
しばらく止まってたブログをようやく更新!
昨日にようやく大学内である発表が終わって、少しほっと一息。

しばらくと言っても1週間ちょい。
ただその間に上巳の日、五節句のうちの桃の節句がありました。

発表の準備に追われてまともなご飯を作らない日々。
冷蔵庫にたまる食材。でも食材をダメにするなんて信念に反します。整理整理~!

という冷蔵庫整理を兼ねて気合いを入れたちらし寿司を作りました。
前日から干し椎茸を冷蔵庫でじっくり戻したり、気合いを入れてのちらし寿司!!

一人暮らしを始めて、同時に料理を始めて2年。
ちらし寿司は実は初めて作ったのです。
買い足したものは干し椎茸のみ。あとは全部冷蔵庫にあったもので頑張りました。

で、作ったは良いものの・・・なんてゴテゴテしたちらし寿司・・・

20110311112022.jpg

紅ショウガがないと思って代用したしば漬が余計やった~。
でも味は美味しくできて栄養もばっちりv

自画自賛

そして私の中で節句に欠かせないのが和菓子の生菓子。
わざわざ和菓子を買うためだけに、この日は京都伊勢丹に走りました

で、じゃーん

20110305004152.jpg

鶴屋吉信さんの「つばらつばら」大好きです。
ただし今回は桃の節句の生菓子「ひちぎり」がお目当てなのです。

20110305004215.jpg

桃の節句には絶対に食べたいと思っていた「ひちぎり」、漢字で書くと「引千切」。
宮中発祥のこの生菓子は平安時代以来、京都に息づく伝統意匠です。
土台がお餅を引きちぎった時の形をしてます。引千切はこの形がキモ。

こちらの土台は2つともこなし。
伝統や由来にとことんこだわるなら土台はヨモギ餅(草餅)。
鶴屋吉信さんのひちぎりは草餅土台のものもあったけど、苦手なのでこなしの2種をいただきました。

原材料を見ると、こちらのこなしは生あんに小麦粉・もち米が練りこまれるみたいです。
もちっと粘りのあるしっかりしたこなしです。うまうま♪

紅のこなしに白餡。

20110305004235.jpg

白のこなしに黒餡。

20110305004255.jpg

並べるとお雛様とお内裏様みたいで可愛いー!

去年までは意識してこなかったひな祭り。
それが五節句の意味を知ってから強く意識するようになりました。

歴史勉強してると日常生活にも変化があるもんです。

こうやってたまの行事で伝統とか歴史を日常に取り入れてみるのは楽しい。
意味を知って取り入れるからこそ感慨深いものがある。

特に私の中で五節句には最近思い入れを強くしているところがあるのです。
そして和菓子にはそれぞれの節句で伝統の意匠がある。

日本文化の美しさがそこにあると思うのです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2010
05.16

三室戸寺* シャクナゲ園

Category: 日記
花より団子なこのblogですが、たまには花を咲かせましょう。

2010年5月14日
三室戸寺に行きました。

ツツジはもう終わりと聞いていたけど、なんのその。
この一面に咲き誇るツツジ!声が出ないくらい圧倒されてしまいました。

20100516183551.jpg

ツツジも良いけど今回の一番の目的はシャクナゲ。

まだ咲き始めという感じ。
それでも可憐な花を咲かせていました。う~可愛い!

20100516183621.jpg

この桃色と梅色の混じったシャクナゲ(↓)がほんま素敵で見とれてしまいました。

20100516183700.jpg

ちょっぴりダンディーな知らないおじさまが、このシャクナゲを見て一言。
「このシャクナゲは色気あるな。女性みたいにな。」

よっ。ダンディー☆

少し勾配の激しい坂道を上って山の方に入ると、真っ赤っか~なシャクナゲが。

20100516204409.jpg

燃えるような赤はシャガールの赤のようです。
情熱的かつ、魅惑的。とろ~ん。

6月からは紫陽花園が開園。
期間限定でライトアップもあるそうです。これは行かなきゃ!

ちなみに京阪三室戸寺駅から1駅行くと黄檗駅。
黄檗駅近くには食べログで「日本一のパン屋さん」とも言われているたま木亭さんがあります。

これは行かなきゃ!
ということで三室戸寺から歩くこと30分(1駅分と思って油断したら意外に遠かった)。

20100516111521.jpg

たま木亭さんのパンの感想はいずれまたblogにて。

やっぱり花より団子…いやいや、花も団子も楽しみましょ。

HP*Link
[三室戸寺]
http://www.mimurotoji.com/
Comment:0  Trackback:0
2010
03.20

京都・花灯路

Category: 日記
京都で開催中(3/13-22)の花灯路に行きました。
神宮道から入って円山公園に向かっててくてく歩いていると、ライトアップされたお花が!わあ!

20100320001400.jpg

「いけばなプロムナード」という花灯路の企画の1つで、大型のいけばな作品が各所に展示されているのだそう。
去年に池坊いけばな展に行ってからすっかり生け花に魅了されている今日この頃。んもう、めろめろ綺麗でたまらない~。

もうすぐ知恩院というところで、ふと横を見ると、、

20100320004519.jpg

行燈に照らされて壁に梅の影が出現!!
なんて幻想的な。ピンポイントでここだけが影になっていました。偶然できた障壁画。良いもん見た。

知恩院前。
この行燈(↓)は…売ってるのかな?置いてありました。

20100320004550.jpg

円山公園着。
ここでは「いけばなプロムナード」とは別企画で「現代いけばな展」が行われていました。

桜に寄り添う真っ赤な花(↓)シンプルながらうっとり見とれる美しさ。やっぱり桜は良いなぁ。

20100320001730.jpg

途中、「狐の嫁入り巡行」に遭遇!
提灯持った人たちに囲まれて、白無垢衣装に狐のお面をつけた女の人が人力車で通り過ぎて行きました。
突然やったので写真が撮れなかった。。しゅーん。

円山公園を出て迷子になりました。ごーん。

とりあえず人の流れに乗って歩いていたら圓徳院に着いたー。
特別拝観で長谷川等伯の障壁(襖絵)が公開中!らっきー。

入ってまず飛び込んでくるのはライトアップされた庭園。

20100320004628.jpg

秀吉が祀っていたという三面大黒様の御神体も開帳されていました。
三面大黒は大黒、毘沙門天、弁財天の三天合体の珍しい神像。
初めて知ってとても勉強なりました。400年の時間がここに詰まっていると思うと感無量です。

花灯路に来る前から1日中歩き回っていたので、高台寺付近に来たところで足が限界突破。

下河原の通りを歩いて四条に向かっていると、豆吉本舗さんの美味しそうな豆菓子が目に飛び込んできました。
あれれ、豆吉本舗さん、もう20時やから閉店時間過ぎてるのでは?花灯路ということでまだ開いているのかな。

ついついふらっと入って買っちゃいました、「新紅煎り大豆」☆
だって豆好きなんやもん。だって賞味期限が近いということで半額やったんやもん。

20100320003648.jpg

幻想綺麗で美味しい花灯路の散歩道。楽しかったー。

HP Link*
[京都・花灯路]
http://www.hanatouro.jp/index.html
[圓徳院]
http://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml
[豆吉本舗]
http://mame-kichi.jp/
Comment:0  Trackback:0
back-to-top