2013
03.05

平安殿* 「玖豆善哉」

Category: @京都
神宮道の南にある平安殿さん。
記事にするのは初めてですが、わりとよく利用させていただいています。



いつもはお持ち帰りばかりですが、今回は店内の茶房へ。

冬の茶房メニューは「名物 玖豆善哉」「栗入 玖豆善哉」「お抹茶せっと」の3種類。
栗入りと迷いつつシンプルに「名物 玖豆善哉」(800円)をお願いしました。

ちなみに玖豆善哉は注文を受けてからくずを練り炊きされるので時間がかかるとのこと。

20130305111542.jpg

でもおしゃべりしていたらそれほど長く感じませんでした。
10分くらい?熱々練りたてのくず善哉が運ばれてきました♪

20130225230757.jpg

葛がとろ~りととろけます。(*´∀`*)トローン
一口食べただけで「んまーっ」と唸りました。

白玉も葛に負けないとろける食感。

お善哉は京都の他の有名老舗の甘味処の中では甘さ控えめかと思います。
素朴でさらりとしていて汁気のあるタイプのお善哉です。お母さんの味だー。

ほくほく炊かれた小粒の小豆がたっぷり。
葛も大きくて、白玉も5個ほど入っています。見た目よりもかなり量がありました。

量があるので途中途中にいただく塩昆布の塩気が沁みる~。満足~。

お干菓子は、メニューのイメージ写真には載っていませんが、この日が旧正月だったので特別に付いていたのかもしれません。巳年の文字の入った(鳥居型?)お正月仕様のお干菓子です。縁起物♪

20130225230752.jpg

噛むとカリッ。舐めるとふんわりとろける柔らかい口溶け。
干菓子はお店によって食感や口溶けに個性がありますが、個人的に平安殿さんの優しい味と食感のお干菓子は好みでした。美味しかったです。

平安殿さんは1951年(昭和26年)創業。京都の中では比較的最近の和菓子屋さん。

代表和菓子「平安殿」など京ブランドに認定された和菓子をはじめ、フィナンシェやプラムケーキや平安殿サブレーといったハイカラな欧風菓子もあります。欧風菓子は昔懐かしい感じの美味しさです。

個人的には「平安餅」という羽二重餅であんこを包んだ生菓子がお気に入りです。
麦焦がし(はったい粉)の風味豊かな羽二重餅がちょっと珍しいかも。

お持ち帰りのお菓子も別の機会にまた書きたいと思います。

お店のみなさんも和気あいあいとされていてアットホームな雰囲気が好きです。
お菓子はどれもリーズナブル。親しみやすくて優しい上品な味。

茶房の方は、夏には冷やしわらび餅があるそうです。
玖豆善哉も冷やしたものになります。

寒い盛りに熱々の玖豆善哉にぽかぽか幸せ気分になりました。

また伺うかと思います。
ごちそうさまでした。

HP* Link
[平安殿]
http://heianden-wagashi.jp/
[食べログ]


関連ランキング:和菓子 | 東山駅蹴上駅三条京阪駅


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top