2014
01.23

かさぎ屋* 「三色おはぎ」

Category: @京都
清水付近をぶ~らぶら。今日の甘いもんは何にしよー。(((っ・ω・)っテケテケテー
と、二年坂にあるかさぎ屋さんにお邪魔しました。

京都のガイドブックにほぼ必ずと言って良いほど載っている甘味処です。



いただいたのは定番「三色おはぎ」(650円)。
粒あん、こしあん、白あんのおはぎ盛り合わせ。

甘味処多しの京都でも白あんおはぎはちょっと珍しいかと思います。
ただし夏は白あん→きな粉おはぎとなるそうなので、白あんが気になる方はご注意を。

P1120746_convert_20140117224349.jpg

まず見た目驚くのは粒あんのツヤ感!つや!
小豆は丹波大納言。さすがの大粒で食べごたえありそう~。(´∀`*)ウキウキ

P1120749_convert_20140117224443.jpg

食べた時の第一印象は、餡がゆるいくらいに柔らかい。
じっくり3時間以上かまどで炊きあげるという餡。
とろとろ食感の中に小豆の味と甘味がじっくり引き出されています。

家庭的な優しい手作りの味。割と甘かったかな。
個人的には、小豆の味や甘味加減が他の有名店と比べると好みではありませんでした。
でも、その完成度はさすが長い歴史を経てきた雰囲気を感じます。

というのも、かさぎ屋さんは大正3年(1914)創業。
おはぎを始め、メニューも作り方も当時から変わっていないとか。

お店の中も当時の時間が止まったようです。

机も椅子も年季が入ったリアル レトロ家具。
わ・・・私の体重支えられますか・・・ドキドキ(゚Д゚;)※全く大丈夫です。

天井に所狭しと貼られた千社札も歴史風情を演出しています。

P1120752_convert_20140117224452.jpg

入って左手の壁には明治~大正にかけて活躍した画家 竹久夢二さんの色紙絵が飾られています。
余談ですが、夢二さんは京都に移り住んだ当初はかさぎ屋さんのお隣さんで常連さんだったそうです。

夢二さんはその後まもなく高台寺門前で笠井彦乃さんと同棲。
女性遍歴の多いと言われる夢二さんですが、彼が生涯最も愛したと言われるのが彦乃さん。

そんなお二人もよく訪れられた思い出詰まったかさぎ屋さん。

なんて、大正ロマンに想像を膨らましてみるのも楽しいかも。楽しいです。(*'ω'*)ドキドキ

ちなみに彦乃さんが好きだったというメニューが「しるこセーキ」。
今でも提供されている、夏限定のメニューです。

夏は「しるこセーキ」で大正ロマンに浸りにまた訪れたいと思う妄想女子でした。

ごちそうさまでした♪

HP* Link
[食べログ]
かさぎ屋

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:甘味処 | 祇園四条駅


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top