2010
12.17

@France 09 ルーヴル美術館①* ガラスのピラミッド

アンジェリーナで甘い朝食を取ってテンション急上昇
ほんまにほんまに元気になって、足取りも自然と軽くなりました。

さぁ、でははりきってルーヴル美術館へ!
あのルーブル美術館のガラスのピラミッドが目の前に!



地下に潜ると今度は逆さピラミッド!
小説『ダヴィンチ・コード』を思い出してしまうわ。サスペンスやわ。事件やわ。

20101211003413.jpg

どちらも設計は建築家イオ・ミン・ペイさん。
構造デザイン(と言って良いのかな)はピーター・ライスさんという構造エンジニアだそうです。
お二人とももその世界では超有名人とのこと。
分野違いとは言え美術に携わる者として要チェックです。めもめも

曇りの日でしたが地下の逆さピラミッドは外界の光を集めて輝いてました。
単純やけど「光が降り注ぐ」という言葉がよく合います。ほんま綺麗。

では、ようやく入館しまーす。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/127-b7c689bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top