2011
01.10

シュトレン コレクション☆2010

2010年のクリスマスシーズンに食べたシュトレンを紹介です☆
すっかり新年明けちゃってるけど・・・気にしない気にしない

ドイツのクリスマス菓子(パン)のシュトレン。
私、シュトレン大好きなのです!
クリスマスはケーキも良いけどやっぱりシュトレンが欲しい!

そんなわけで2010年は4店でシュトレンを購入しました。
僭越ながら、以下、購入順に感想を書いていきます!

エリック・カイザー(inパリ)(6ユーロ)

20110109224425.jpg

エリック カイザーさんはパリの人気ブランジュリです。
11月のフランス旅行の際に購入して持って帰って来ました。

こちらのシュトレンはマルチパン(マジパン)入り。マルチパン好き
レーズン多めのドライフルーツとナッツがたーっぷり!
生地はしっとり感とさっくり感のちょうど中間くらい。

パティスリー併設のパン屋さんということもあってか、いっそうガトーに近いかな。

エリック カイザーは日本では銀座木村屋のご長男である木村 周一郎を代表取締役に、メゾン カイザーとして支店があります。食べログ上位の人気のパン屋さんです。東京行ったら買ってみよ~

ホルガー(210円/カット)



私の地元、樟葉にあるドイツ菓子のお店ホルガーさんのシュトレン。
ドイツ人のマイスターであるホルガーさんの作る本場ドイツ菓子がいただけます。
特にこの時期限定のシュトレンが評判。なので、シュトレンも本場ドイツの味に近い?

こちらは甘さは今回の4店の中では一番控えめ。
生地はこれまた4店の中では一番さっくりめ。

ただし1本(2100円)を買って数日経てば、熟成してしっとりするのかもです。
マジパンは入ってなかった・・・はず。
見た目よりドライフルーツやナッツもたくさん入ってました。

Bäckerei PERKEO Alt Heidelberg(ベッカライ・ペルケオ・アルト・ハイデルベルク)(1050円)

20101231063218.jpg

ドイツパンのお店ペルケオさん、店主さんはマイスターの称号持ちです。
4店の中では最もドイツ王道のシュトレン!?期待大!

生地はしっとりめ。ドイツパン=固いイメージがあったのでちょっと意外。
マルチパンは生地に練りこまれてるみたい。だから生地もしっとりしてるのかな~。
日持ちは1カ月半くらい。日が経つにつれて生地全体が馴染んでくるのがよくわかります。

周りの粉砂糖が甘めやけど、生地自体の甘さは控えめ。
写真の割にドライフルーツとナッツは結構たっぷり入ってました。

trattoria sette(トラットリア セッテ)(450円/ベビーサイズ)

20101231063331.jpg

ホテル・ハイアットリージェンシー京都にあるトラットリア セッテさん。
ベビーサイズのシュトレンは450円とリーズナブルだったのでついつい購入。

こちらはなんといってもスパイスがすごーく効いてる!シナモンかなぁ。

生地はさっくりめ。
周りはグラニュー糖くらいの粗めの砂糖でコーティングされています。

砂糖が軽くじゃりっとする食感やスパイスの芳香さが、なんとなく昔懐かしい揚げパンを想起させるシュトレンでした。

以上、2010年myシュトレン・コレクション4つの紹介でした
ちなみにすべてサイズは小さめです。ほぼ1人で食べるので...

どれがオススメとは一概には言えません。どれも本当に美味しかった

個人的な好みではペルケオさんかな。
ただ来年(2011年)はホルガーさんで一本買って置いておいて、もう少し寝かせた生地を食べてみたい☆

HP* Link
エリック カイザー
ERIC KAYSER(仏語)
MAISON KAYSER(エリックカイザージャポン)
konditorei ホルガー
Bäckerei PERKEO Alt Heidelberg
trattoria sette
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/144-77dda029
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top