2011
01.10

シュトレンの歴史雑記☆2010

さてさて、自分の勉強を兼ねてシュトレンについて少し補足してみます。
長いですが興味のある方はお付き合いください

※研究文献でなくネットのみで得た情報をまとめたものなので、謝った情報が含まれている可能性があることをご了承ください。

シュトレン(Stollen)はドイツでクリスマスに司教様に献上するための特別なパンでした。

その原型となる食べ物が記録上に登場するのは1329年。
ザクセン州ナウムブルクの当時の司教がパン職人らに与えたギルド結成の許可証で、

「クリスマスの夜に白い小麦のパン、シュトレンを献上せよ」

との記述が確認できるそうです。
1329年・・・日本では鎌倉時代がそろそろ終わるという頃ですね。わお。

姿形は今とほぼ同じで「布にくるまれた幼子キリストの姿」をイメージしたというのが定説(諸説あるみたいです)。ただしシュトレンという言葉はドイツ語で「坑道」、地方によって「薪」を意味するそうです。このへんはよくわかりませんでした

当時の一般的なドイツパンはライ麦の黒いパン。
小麦で作る白いパンというのは当時では高級品で、だからこそ献上にふさわしいものだったのですね。

この時の材料は“小麦粉・イースト・水・菜種油”で作る味気ないものだったそうです
(サイトによっては小麦粉→燕麦の粉とも。「白い」ことが重要であれば小麦粉ですかね~)
といのは当時のカトリックでは断食期間中のバター・牛乳は禁止されていたからなのですねー。

教会建設費寄付と引き換えにバター使用が許可されたのが(Butterbrief)1491年。
ようやく現在のシュトレンに近づきます。

そこから発展してドライフルーツなんかを加えてあま~い魅惑的なシュトレンが誕生!
Butterbriefばんざーい!\(^o^)/

この甘いシュトレンを完成させたのは、一説に宮廷お抱え菓子職人Heinrich Drasdo (ハインリッヒ・ドラスド)さんと言われてます。ひゅーひゅー

あと発祥の地としては現在のザクセン州の州都ドレスデンがよく挙げられます。

現在の形に発展したのはドレスデンだそうなので、シュトレンの“始まり”をどこに設定するかによってナウムブルクかドレスデンかは変わってくるのかなー、と。どちらにしてもザクセン州です。ここではとりあえずナウムブルクとしました。

ところでドレスデンでは毎年12月第一土曜日にシュトレン祭(Stollenfest)があるのですね!
今回調べるまで知らんかったー!

煙突掃除人とパン屋さんたちが約4トンある巨大シュトレンと共にパレード・・・!
ギネス記録は4.2トン(2000年)!行ってみたーい!

このお祭りは1730年にアウグスト強王がツァイトハイナーで行われた園遊会で1.8トンのシュトレンをドレスデンのパン屋組合に焼かせて、約24,000人の客にふるまったことに始まるそう。規模ちゃうわー・・・

こういうお祭りや逸話からシュトレン=ドレスデンというイメージもあるのかもですね。

と、まー、こんな感じでシュトレンの歴史を追ってみました!

まだまだ歴史とか食べ方とか種類とか書きたいのですがキリがないのでこの辺で終わります。
調べる&書く体力も限界~

2011年のクリスマスも美味しいシュトレンに出会えますように☆

最後に、参考にさせいただきましたサイトの管理人さまに感謝します。
下記は特に参照したサイトです。そして勝手にリンク貼り付け。

参考HP* Link, Thanks!!
Konditoreiエルフェン(「粉雪まとうシュトレン(Stollen)の研究」)
All About(「ドイツのクリスマスとシュトレン」)
ミス・メリーのクリスマス雑学講座♪(「07年、クリスマスには歌を歌おう♪その6」)
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/150-d403e376
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top