2011
02.20

みはし* 「小倉あんみつ」

Category: @東京
京都から飛び出て3週間限定の東京生活をしてきました。
3週間の仮住まいの場所は上野。

となれば、上野周辺のスイーツは押さえておかなければ!
となれば、みはしさんは押さえておかなければ!近いし!

初めての“みはしのあんみつ”は本店でいただきました。
お願いしたのは「小倉あんみつ」(510円)。なんて優しいお値段♪



HPによると、みはしさんのあんみつのポイントは「あん・みつ・寒天・赤えんどう・ぎゅうひ・みかん」。
今回はこれに沿ってそれぞれ簡単に感想を書きたいと思います。

“あん”
あんまーい!!(*'д'*)
が、後を引くいやらしさやえぐみのない純粋な甘味で美味しいのです。塩が少ないのかな。

十勝産の小豆を使ったこし餡で、カクカク四角くカットされてます。
こんなユニークな姿のあんこ初めて見た・・・!
断面の綺麗さからも伝わる滑らかさは食べても変わりません。

“みつ”
さっぱりを目指されたというみつ。
確かにさらりとしてさっぱり。なのに奥から黒砂糖がしっかり感じられます。
あんと絡めると少し甘すぎる気がしたけど、寒天と合わせるとちょうど良いです。

“寒天”
寒天らしい天草の海藻さが残ってます。
食感は固めでほろっと崩れるタイプ。
ん~、寒天は私の好みではなかったです。

“赤えんどう”
ふっくら炊かれた赤えんどう。
味に際立った印象はありません。ふっくら感が大事!

“ぎゅうひ”
これは一口でお気に入りになりました!甘いのですがめっちゃ柔らか~い!
トッピングにぜひぎゅうひも加えてほしいなぁ。

“みかん”
みかんーんー・・・特筆することは特に。σ(^_^;)
筋まで綺麗に剥かれたみかん。常温なので夏は冷えてると良いな。

小豆アイスは一般的な美味しい小豆アイス。
近くのみつばちさんの小豆アイスを食べちゃうとどうしてもそう思っちゃいます。
(近々こちらも感想をupします)
次食べる時はスタンダードなクリームあんみつにしますw

それぞれに個性が際立ってるのに、全体でバランスがとれてるのがすごいです。
あと、それぞれの舌触りとか食感も印象的。
味は全体的に濃くて甘く思いました。

最初に訪れたのは日曜日の夕方。
ながーい行列にささっと引き返しました(((((っ・ω・)っ

リベンジで平日の夜に行くとガラガラん。
甘味処にしては遅い時間まで開いているので(L.O.21時)遅い時間ならゆっくりいただけます。

お土産も一緒に購入の時は店内注文の時にお願いできます。
ふむふむ。これがお持ち帰りのメニュー。

20110216005305.jpg

ざーっと下まで見てると・・・んー・・・んんー??

20110216005349.jpg

甘味処でウェイトレス・・・
白い三角帽子のウェイトレス・・・

下町の昭和のモダンさが伝わってくるようです。
最後に一人タイムスリップ!気分はオールウェイズ!v(´∀`*)

昭和23年(1948)創業のみはしさん。
当時にこのあんみつをいただいたなら、きっと私は卒倒してます。
今日まで愛され続けている“みはしのあんみつ”は、外から来た私が思う以上のホンモノがあるのだと思います。

2週間後にはアトレ上野店の方で「栗ぜんざい」をいただきました。
こちらも近々感想を書きたいと思います。

ごちそうさまでした☆

HP* Link
[みはし]
http://www.mihashi.co.jp/top.shtml
[食べログ]


関連ランキング:甘味処 | 京成上野駅上野御徒町駅上野広小路駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/182-b1f3892b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top