2011
07.21

今西軒* 「おはぎ」(こしあん・きなこ・つぶあん)

Category: @京都
京都でおはぎと言えば押さえておきたい今西軒さん。
おはぎプチマイブーム到来で半ば衝動的に買いに走ってきました。

20110614042112.jpg

明治30年(1897)に創業され、1995年に一旦閉店されるも現当主により再興。
名物おはぎは嬉しい限りに今も健在です。

20110614041713.jpg

これまでこしあんしかいただいたことがないのです。
開店直後に電話で予約して、今回は3種類(こしあん・つぶあん・きなこ)すべて自分用に購入。

予約の場合、受け取りはできれば14時までにとのこと。
平日でしたが、14時頃に取りに行くと店頭分はつぶあん以外は売り切れでした。
相変わらずの人気を再確認。ほしい時はやっぱり予約は必須です。

20110614041817.jpg

今西軒さんの餡が大好きなのです。
特に“こしあん”は和菓子屋さんの多い京都でも今西軒さんが一番好き!

◆「こしあん」(170円)

20110614042145.jpg 20110614042216.jpg

皮を丁寧に取り除いて作るこし餡だからこそ実現できる滑らかさ。

深みがあるのに舌に主張してくるわけでもないお砂糖。
なのにその甘い存在感は自然とふわ~っと口に広がっていくのです。

本当に美味しいこしあんおはぎ。

以前いただいた時よりご飯少し多くなったかな?
手作りやし、日によるかしら。あんこが主役なことに変りないですがw

ご飯はもっちりと粘りと伸びがあって柔らかい。
噛むほどご飯らしい味がしてきます。
ただ私にはやっぱり少しクセがあり、お米だけは好みに合わないのです。むむ~。

◆「きなこ」(170円)

20110614042254.jpg 20110614042328.jpg

おそらく一番人気の「きなこ」。
最初に売り切れることが多いみたいです。

ご飯が全く見えないほどたっぷりかかったきな粉、少し黒ごまが混ざってます。
中にはこれまたたっぷりこし餡。

きな粉は味わうより香ばしさが印象的かなぁ。
食べるときはもちろん先にきな粉(ご飯)が舌に伝わり、こし餡は後。
そのため同じこし餡でも「こしあん」とはまた違う味わいです。

あんこ重視な私はやっぱり口に入れた瞬間にあんこを味わえる「こしあん」派☆

◆「つぶあん」(170円)

20110614042408.jpg 20110614042440.jpg

「こしあん」よりちょっと重厚な「つぶあん」。

やっぱりあんこ、美味しいなぁ。
こし餡よりねっちりとした食感があるけど、後味さらりで小豆の風味がお上品。

素材を生かすって奥が深いなぁと思わされます。難しい。

今西軒さんの小豆は100%十勝産。お米は近江産羽二重。
どちらも和菓子屋さんで好まれる産地のものですが、そこから厳選する目利き、素材を生かす力はそのお店のご主人次第。大変ながら、丁寧な仕事をされていると思います。

今西軒さんのあんこには塩も入っていないのですね。
引き立てるものが入っていないからこそ、小豆とお砂糖の良さがストレートに伝わるのかな。

小ぶりなのもおやつにいただくのにはちょうど良いです。

今西軒さんのあんこだけを食べ続けたい。
そんなわけで茹であずき「あんてぃ~く」がほしくてたまらない今日この頃です。

ごちそうさまでした♪
また行こ~。(((っ・ω・)っ

HP* Link
[食べログ]


関連ランキング:和菓子 | 五条駅(京都市営)四条駅(京都市営)清水五条駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/238-b11e64cf
トラックバック
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
初めての株dot 2014.05.14 12:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top