2012
02.15

JEAN-PAUL HÉVIN JAPAN(ジャン=ポール・エヴァン)* 「menu découvert St.Valentin(ムニュ デクヴェール サンヴァランタン)」

Category: @関西その他
JR大阪三越伊勢丹のJEAN-PAUL HÉVIN JAPAN(ジャン=ポール・エヴァン)
本日は併設のBar a chocolat(バー ア ショコラ)でカフェタイムです。
バーというだけあって中は黒ベースのシックで大人な雰囲気。わくわく♪



メニューをパラリ開けるとさっそく登場のジャン=ポール・エヴァン氏。どーん。

20120207232032.jpg

そのままメニューをパラパラ。魅力的なショコラメニューがいっぱいでうっとり。。
お願いしたのはバレンタイン期間限定のボンボンショコラ3種とショコラショのセット。
menu découvert St.Valentin(ムニュ デクヴェール サンヴァランタン)」(1575円)!

20120207232113.jpg

2010年には仏のFigaro Scope誌でパリNo.1に選ばれたジャン=ポール・エヴァンのショコラショ。
セットでいただけたのは数種類ある中で最もスタンダードな「ショコラショ パリジャン」です。

20120207232206.jpg

カカオの上質の香りはさすが。香りが濃厚~。
味はビターでもなく甘くもなく。味も濃厚かと思いきや意外に後味まで淡白。
カカオバターや砂糖の量が極力抑えられているとのことで、それがそのまま感じられたのかな。

個人的に印象的なのは、ホイップクリームのように空気感のある口当たり。
歴史的に昔々は泡立たせることが重要だったというショコラショを想起させるような、ふわふわと優しく柔らかい味わいのショコラショ。貴族のお嬢さま気分!(*'ω'*)

続いて季節限定のボンボンショコラ。

ハートに鍵穴のモチーフがプリントされたショコラは「Serrure(セリュル)」。

20120207232305.jpg

フランボワーズのガナッシュとポワールのジュレをショコラノワール(ダークチョコ)でコーティング。
ジュレには胡椒も入ってるらしいのですが、胡椒の役目は引き締め程度の隠し味程度。
味の表現は難しいのですが、シックでフルーティな味わいのショコラでした。

赤いハートのショコラは「Rose Cœur Noir/Lait(ルージュクール ノワール/レ)」。

20120207232237.jpg

ベルガモットとグレープフルーツの香りのショコラとのこと。
センターのノワゼットクリームのナッツの味と香りの方が中心的で強く感じられますが、その中のどこかでベルガモットとグレープフルーツも効いてるのでしょね。

極小のクッキーのようなのが混ざっているためカリカリとした食感が楽しいショコラです。

鍵のモチーフがプリントされたショコラは「Clé(クレ)」。

20120207232332.jpg

センターにはグレープフルーツのマーマレード風味のガナッシュショコラレ(ミルクのガナッシュ)。
コーティングもミルクチョコで、全体的にミルクのショコラです。

グレープフルーツの風味がすごく爽やかで、ミルクチョコでも後味さらりと甘さが後を引きません。
こちらはいただいた3つの中では一番お気に入りでした。(・∀・*)

今回は限定に負けてヴァレンタイン期間のボンボンショコラをいただきましたが、定番のケーキ「Guayaquil(グアヤキル)」やショコラショの一方で評価の高いというマカロンもいただいてみたいです。

フランスショコラの代表格ジャン=ポール・エヴァンの世界を堪能♪
ごちそうさまでした。また行くぞ~。

HP* Link
[JEAN-PAUL HÉVIN JAPAN(ジャン=ポール・エヴァン)]
http://www.jph-japon.co.jp/
[食べログ]


関連ランキング:カフェ | 大阪駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪市営)

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/316-e9cf17cb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top