2012
04.03

冨美家* 「冨美家なべ」

Category: @京都
本日は一昨年にお食事処を移転された冨美家さんでお昼ごはん。

錦小路通にあった頃は何度かうかがいましたが、リニューアルされてからは初訪問です。
以前と雰囲気違ってとってもスタイリッシュなお店に大変身。



お昼時はいつも行列。この日も平日の13時半頃で数人待ち。
15分ほど待ってカウンターの席に座りました。
入ったあともあれよあれよとお客さんが増えるわ増えるわ。

20120322095056.jpg

そして2年ぶりに注文したのはやっぱりこれ。
冨美家さんの代名詞「冨美家うどん」(600円)!

運ばれてきたところで蓋があけられます。熱々ふーふー!

20120322095137.jpg

うー!久々のこのおだしの味―!(≧ω≦)
そしておだし吸ってやわやわの麺。

具は割り落とされた“卵”、“麩”、ざっくり切られた“ねぎ”、近江羽二重100%の“焼き餅”が2つ。
えび天の衣たっぷりっぷりも健在。天が海老の何倍やねん!と思わずツッコんじゃう人は多いはず。

あとは甘めに炊かれた手作り“椎茸”と“かまぼこ”。
麺の下に隠れてたのでレンゲで救出して写真パシャリ。椎茸おっきいわ~。

20120322095216.jpg

おだしを最後まで飲みきって完食☆

はっ!Σ( ̄口 ̄)

と、食べた後で七味をかけるの忘れてたと気づきました。
よく見たらテーブルの上に七味の入った小瓶が。

以前は注文時に「七味かけますか?」と聞かれるスタイルだったのが、リニューアルしてからお客さん自身が好きなだけかけるようになってたのですね。しまった~。

冨美家さんのおうどんはまさに出汁重視のTHE・関西のおうどん。

うどんは麺のコシ!という方には不完全燃焼になること間違いなしですが、関西で生まれ育った私にとって冨美家さんのおうどんは実家のお母さんの味。懐かしさ満載の大衆的おうどん。

ただなんとなく以前よりおだしが薄くなった気も...?その時の私の気分的なものかもですが。(・ω・)

難点は席の回転の悪さ。
前のお店より席数が減ってしまったので仕方ない面もありますが、お店の方(主におばちゃん達)の案内の効率が悪いことも指摘せざるを得ません。おばちゃん頑張って~!

最後少し愚痴っぽくなりましたが、冨美家さんのおうどんが好きなことに変わりないのです。

前にお店を構えてられた錦小路の敷地はバームクーヘン専門のFUMIYAさんになっています。
ラム酒がよく効いたしっとりしたバームクーヘン「ふぅばうむ」はプレーンと抹茶の2種類。

「ふぅばうむ」はお食事処の方でもいただけます。
パフェ類には全部入ってたと思います。「ふぅばうむ」とお茶のセットもあります。

昭和21年の創業時は甘味処からスタートされた冨美家さん。
リニューアルしてからはまだいただいてませんが、以前のお店でいただいた甘味もんはどれも甘さ強め。甘いもの好きさん憩いの場?

定番の「冨美家なべ」以外にもメニュー豊富な冨美家さんのおうどん。
おやつ時に「ふぅばうむ」をゆっくりいただきにも行きたいですね。

リニューアルされても変わりない、ほっと優しいおうどんでした。
ごちそうさまでした。

HP* Link
[冨美家]
http://www.kyoto-fumiya.co.jp/
[食べログ]


関連ランキング:うどん | 烏丸駅四条駅(京都市営)河原町駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/318-7bccbdf2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top