2012
04.22

六盛茶庭* 「チョコレート・スフレ」

Category: @京都
京都は岡崎にある六盛茶庭さん。
すぐ近くの京料理の有名店、六盛さんが手がける京都初のスフレ専門店です。



飲み物以外のメニューはスフレのみのガチンコなスフレ専門店!
定番のバニラをはじめ、チーズやブルーベリーや季節の味等々、スフレの種類は豊富です。

今回は「チョコレート・スフレ」(735円)を単品でお願いしました。
ドリンクとのセットはバニラ・スフレのお味のみなのです。

注文したところで店員さんに必ず言われるのは「焼き上がりに20分ほどいただきます」。
時間制限のあるツアー観光客の方やお急ぎの方はご注意を~。

次にスフレの食べ方の説明書パウチが登場。
メニューや食べ方の説明書き等の印刷物は撮影が禁止なようで、No Photo。
ただしスフレ等お料理の写真は撮影OKとのことで(確認済)デジカメ構えて20分。

出来立てアツアツでやってきました!きのこが!じゃなくて、スフレが!!

20120404062433.jpg

フランス語で“膨らませた”を意味するスフレ。生地はメレンゲが主。
焼いたばかりの熱々の時は膨らんでますが、熱が取れていくにつれてどんどんしぼんでいってしまいます。

素早く撮影!しぼむ前に食べなければ・・・!!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

いざ食べ方の説明に従って、添えてあるソースを混ぜ混ぜ。
とろ~んとしたチョコレートクリームと、真ん中は固めの・・・生クリームかな。

20120404062508.jpg

次にスフレの真ん中にスプーンで上から穴を空けます。えいえいっ。
その穴に混ぜたソースを投入。ここは思い切りが大事です。どばどばっ。

20120404062557.jpg

あとは生地と絡めていただきます。
撮影で少し時間は取ったものの、中はまだ熱々はふはふ♪

卵白に空気をたっぷり含んだ生地はふわふわ。
口に含むととろけるように消えていきます。しゅわん。

食べ進めるほどにしぼんで空気感はなくなってきてしまいます。
そうなってくると生地を集め潰してソースにたっぷり絡めていただくのが自分流。
ここは思い切りが大事ですΣd(※個人的意見)

「チョコレート・スフレ」の生地にはチョコチップが混ぜ込まれてます。
でもチップはおまけという感じで、チョコレート感はソースにあり。

チョコレートソースに相応の甘さがある一方で、生クリームはさっぱり。
混ぜて良い塩梅になったソースに柔らかい甘味の生地が出会って、ほんのり贅沢気分になれるスフレの出来上がり。

軽~いお菓子ですがお口は満たされて幸せいっぱい。(*´ω`*)

1988年OPENの六盛茶庭さんは、六盛2代目のご主人が始められたのだそうです。
当時はスフレがそもそも珍しいお菓子だったはず。
それを京都の有名料亭が手がけたところがハイカラ!

店内は和モダンで落ち着いた雰囲気が漂います。
六盛さんの本店が元々こちらで営業していたのを改装した建物のだそうで、石畳の入り口からして料亭当時の面影が店内にちらほら。

注文を受けてから作り始めるためどうしても一人に約20分かかります。
観光シーズンは並んだり混み合っていることがありますが、普段の平日であればすっと入ってゆっくり落ち着けます。狙い目v

私が初めて六盛茶庭さんに訪れたのは約10年前。

それから何度か訪問させていただいてますが、一歩足を踏み入れるとまるで時が止まったかのような錯覚さえ感じるほど、良い意味で、変わらないお店です。OPEN当初から24年、それからきっとほとんど変わっていない、京都のハイカラがここにあります。

有名京料理店の贅沢スフレをいただくゆるりハイカラな時間。

ふらりまた寄らせていただきます。
ごちそうさまでした♪

HP* Link
[六盛(六盛茶庭さんの親店)]
http://www.rokusei.co.jp/index.html
[食べログ]


関連ランキング:洋菓子 | 東山駅神宮丸太町駅三条京阪駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/319-51a2910d
トラックバック
京都は岡崎にある六盛茶庭さん。すぐ近くの京料理の有名店、六盛さんが手がける京都初のスフレ専門店です。飲み物以外のメニューはスフレのみのガチンコなスフレ専門店!定番のバニ...
まとめtyaiました【六盛茶庭* 「チョコレート・スフレ」】 dot まとめwoネタ速neodot 2012.05.12 04:47
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top