2012
11.10

すし古径

Category: @関西その他
友人に誘われて北新地にお寿司を食べに行きました。
北新地でお寿司・・・ついにデビュー☆(←敷居が高いイメージ)

伺ったのは寿司田グループのすし古径さん。江戸前寿司のお店です。



中はシンプルながら凛と落ち着いた雰囲気。

カウンターには常連さんらしいお客さんがちらほら。
私たちはテーブル席をお願いしました。

いただいたお料理は10,500円のコース。

まずはお通しの冬瓜煮。

20121108151830.jpg

続いてお造りは鮪、鯛、ホッキ貝、雲丹とイカ。

新鮮です。友人の感想は「ワサビうまーっ」です。山葵まで新鮮です。
お醤油は2種類。「光り物は生姜醤油で」とのことでした。

20121108124406.jpg

焼き物は銀鱈の西京焼き。添えにおろし大根とトマトの甘酢漬け。

脂が乗った銀鱈。白味噌ほんのりお上品。
友人の感想は「トマトうまーっ」です。添え物まで品の良い味付けです。

20121108124450.jpg

逸品ものはアスパラと白身魚の天ぷら。

未熟者につき白身魚が何かを舌で判別することができませんでした。無念。
後でお店の方に聞こうと思ってたのですが、食べ終わった時には忘れてました。無念。

普段あまり揚げ物を食べないからか、衣が少し油っこく感じました。
ただアスパラも白身魚も素材が良く美味しかったです。アスパラしゃきしゃき。

20121108124533.jpg

20121108124606.jpg

ちなみに天ぷらの器は友人と違うものでした。
四角の白いガラス皿が友人、六角形の透明ガラス皿が私。
どちらにしてもガラスに天ぷらというのも乙で良いですね。

蒸し物は茶碗蒸し。良い出汁出てます。

20121108124618.jpg

そしてついにお寿司!
鮪は赤身とトロ、コハダ、海老、イクラ、玉子、鯛・・・どれから食べようか迷い箸。

ご飯一粒一粒に存在感のあるシャリ。
口に入れるとふんわり空気感。このシャリの具合好きだ~♪

鯛(と思う)の握りは抹茶の風味付けがされていてこの中では変わり種でした。
コハダは酢締め。さすが江戸っ子だね!

20121108124646.jpg

アナゴは別盛りでやってきました。
口の中でとろけるアナゴ!んめちゃ美味でした(*'ω'*)トローン

20121108124655.jpg

御椀物は赤のお味噌汁。ちょっと濃いめ。

20121108124711.jpg

デザートは真珠のような形の可愛いアイス最中。

黒豆入りのきなこアイスがお寿司屋さんのデザートとは思えないくらい◎
最中の皮がパリパリと食感かなり良くて美味しかったです。

20121108124725.jpg

最後にお茶をいただいてコース終了。
お寿司屋さんのお茶は渋い。~旦_(´∀`)ズズー

ところで古径の店名は明治生まれの画家、小林古径からとったもの。
店内にひっそりと古径の画集も置いてあって、日本美術好きの私はひっそり興奮。

寿司田グループのお店のうち乾山、写楽も日本の芸術家の名前。
単に日本らしい名前ということで採用されただけかもしれませんが。。

お店の方も感じ良く、ゆっくり美味しい時間を愉しむことができました。

お持ち帰りも出来る「太巻」(2,625円)も人気だそうです。
何かの記念に機会があればぜひいただいてみたいです。

ごちそうさまでした♪

HP* Link
[すし古径(ぐるなび)]
http://r.gnavi.co.jp/k366105/
[食べログ]


関連ランキング:寿司 | 北新地駅大江橋駅東梅田駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/331-ae55783c
トラックバック
友人に誘われて北新地にお寿司を食べに行きました。北新地でお寿司・・・ついにデビュー☆(←敷居が高いイメ
まとめ【すし古径】 dot まっとめBLOG速報dot 2012.11.23 03:36
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top