--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.14

一文字屋和助(一和)* 「阿ぶり餅」

Category: @京都
今宮神社の参道で向かい合う『一文字屋和助』さんと『かざりや』さん。
どちらも名物「あぶり餅」がいただけます。

初訪問なのでどちらに入ろうか悩むのは必至。
ならば食べ比べと理由をつけて2軒とも行っちゃいましょう!

というわけで、まずは北側の『一文字屋和助』、通称“一和”さんへ。
※『かざりや』さんの記事はこちらをご覧ください^^

創業は『かざりや』さんより古く長保2年(1000)。
長保年間と言えば平安時代、藤原道長がぶいぶいいってたまさにその頃。
歴史を感じずにはいられない、1000年以上続く正真正銘の老舗です。



奥にはお座敷もありますが上がるのが面倒だったのでΣ(・ロ・)エーッ、外に面した床几に座ると、すぐに「いらっしゃいませ~」という温かい声とすぐに温かいお茶がいただきました。

P1140009_convert_20140324195729.jpg

「1人前でよろしいですか?」

「1人前でお願いします♪」

メニューは「阿ぶり餅」(500円、名称は店内表記)のみなので注文もシンプル。

親指大にしたつきたてのお餅を竹串に挿し、
きな粉をまぶして炭火で炙り、
白味噌と砂糖を合わせたタレをからめて、

注文してから5分ほどで「あぶり餅」の出来上がり。ちなみに1人前で15本。

P1140036_convert_20140324195742.jpg

甘~い白味噌のタレ♪
黒砂糖が入っているとのことでコクがあります。

『かざりや』さんとは白味噌が違うらしく、砂糖の配合も恐らくはそれぞれ。
そのためタレの味は結構わかりやすく異なります。ここも好みの別れどころ。

お餅の炙り具合は割とレア。柔らかめです。
トロッととしたタレと、トロッとしたお餅で、ほっぺたトロッ☆(●≧ω≦●)

個人的にはお餅の炙り加減とタレの味は『一文字屋和助』さんが好みでした。
甘いもの好きさんには『一文字屋和助』さんがお勧めかな?

「あぶり餅」は無病息災・厄除けを祈っていただく食べ物。
お餅を挿す竹串は、今宮神社に奉納された“斎串(いぐし)”だそうです。ご利益ありそう!

2軒のお店に共通するのは、お家に帰ってきたかのような和やかな雰囲気。
温かいおもてなしと温かい笑顔で作られる「あぶり餅」。
ぜひ出来たてのまだ温かいうちにいただいてみてください。

観光シーズンは観光客の方も多く行列が出来るそうですが、3月上旬だったこの時期は並ぶことなくすっと入れました。私もそうですが、並ぶのが苦手な方はシーズンオフが良さそうですね。

今宮神社への参拝の折にはまた行きたい!
ごちそうさまでした。

HP* Link
[食べログ]
一文字屋和助

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:和菓子 | 北大路駅鞍馬口駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/367-2ef3c421
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。