2016
09.18

京都茶寮* 「焙じ茶と生菓子セット」

Category: @京都
京都駅構内、南北自由通路にある『京都茶寮』さん。
京都を代表する老舗和菓子屋さんの生菓子と、京都茶寮特製のお茶各種がいただけるギャラリーカフェです。



お店に入るとまずは販売スペース。京都伝統の美術・工芸品や、お茶等々が並んでいます。
お店自体に様々なしつらえがされていて、ギャラリーとして目でも楽しめます。

例えば入口の写真、右手に移る赤い壁は「左官師・佐藤ひろゆき氏による紅殻(べんがら)の土壁」(HPより引用)。私が案内されたカウンター席の目の前にはズラリと並んだ抹茶碗!これは楽しかった!

さてさて、いただいたのは「焙じ茶と生菓子セット」(1,029円)です。

IMG_3572_convert_20160918212053.jpg

生菓子は月替り。5軒の和菓子屋さん(老松・亀屋良長・笹屋伊織・千本玉壽軒・二條若狭屋)の生菓子から選べます。
訪問したのがかなり前なので、生菓子は2015年12月のものですm(_ _)m

選んだのは『亀屋良長』さんの「柚子の香(ゆずのか)」。

柚子の皮を練り込んだういろうでこしあんを包んだ、師走らしいお菓子です。
ちょこんと手の平に乗せたくなるような可愛らしい風情。銘の通り、柚子の香りがふわっと鼻に抜ける、甘さを抑えた優しいお味。ういろうはぷちっと歯切れ良く、柔らかいこしあんとも良い塩梅。

IMG_3574_convert_20160918212109.jpg

ちなみに、お菓子ごとに説明のカードがちゃんと付いてきます。

IMG_3575_convert_20160918212120.jpg

そして、緑茶の方が合ってたかなー?と思いつつ焙じ茶。
京都茶寮特製「朱雀の紅」という銘のお茶で、製造は丸久小山園さん。香ばしくて美味しいお茶です♪

お茶の種類ごとに淹れ方飲み方があり、ニ煎目以降は付いているカードを見ながら自分で淹れます。小心者なので初めての時はちょっと戸惑ったり焦ったり手が震えたりしましたヽ(´Д`;)ノアワワワ

IMG_3577_convert_20160918212140.jpg

後日再訪して煎茶をいただきました。これまた違った淹れ方でオタオタしましたが、渋みの美味しいお煎茶でした。

沢山の人が行き交う京都駅の中のカフェ。シーズンや時間によっては混み合っていたり待ち列ができていたり、生菓子は人気のものから早々に売り切れてしまいます。夏の終わりの平日夕方に覗いた時には、5種類の生菓子のうち4種類が売り切れ。1種類しか選べない状態になっていました。

その月の生菓子はHPに出ているので、事前にチェックが出来ます。お目当てのお菓子がある場合は早い時間に行った方が安心ですね。

京都駅の人混みから一時避難。と言ってもやっぱり少しは忙しなさもありますが、美しい工芸品や落ち着いた雰囲気にちょっと一息つけるカフェ。接客はうーん、惜しいかも。食べログ評価はお料理に対して全体は少し下げています。

月毎の生菓子を楽しみに。でもかき氷や抹茶アイスクリームなんかも食べてみたいな。

またうかがいます。ごちそうさまでした♪

HP* Link
[ギャラリーカフェ 京都茶寮]
http://www.kyoto-saryo.jp/
[食べログ]


関連ランキング:和菓子 | 京都駅九条駅東寺駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/407-ee2f8b0e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top