2010
05.24

粟餅所・澤屋* 「粟餅」

Category: @京都
北野天満宮にお参りして、やってきました粟餅所・澤屋さん♪

天和2年(1682年)創業。
現在のご主人は12代目という老舗のお茶屋さん。
記録によってはさらに50年ほど創業時期は早いそう。遠い話やわ。。

江戸時代までなら粟は身近な食べ物やったかと思う。
でも今日に至ってはなかなか、ね。

そんな粟餅を餡子ときなこで☆
これでなんと550円。お求めやすくなっております^^*

20100516111622.jpg

お餅やーわらかーい♪できたて最高♪

きなこから食べるのがオススメです。
きなこの方は食べてる間に硬くなっていくのです。あわわわっ

餡子はまだお餅が中にくるまれてるのでゆっくり食べても大丈夫。

20100516111713.jpg

土曜日の昼間に来店でした。
お昼時で、すぐ近くのとようけ茶屋さんは行列。
お菓子の時間には早いからか、こちら澤屋さんには1組おられるだけですんなり席へ。

席に座ると同時にお店の方々が粟餅を作り始めます。
でも、、あれあれ?注文してないよ?

メニューは餡子ときなこの粟餅のみになるからか、注文する手間いらずのよう(笑)
抹茶セット(800円?)にするなら着席前に自分から言わないとですね。

田舎で搗きたてのお餅にきなこをつけて食べることに親しんでいる私。
なので、できたての柔らかいお餅はあまり珍しくは思わず、「あ、おばあちゃん家で食べるきなこ餅」という感じ。
でも粟餅のプチプチ食感は初めて。

素朴で優しい餡子、柔らかいプチプチの粟餅。
祖父母を思い出させるお店の方々。

「ありがとう。ごちそうさま~」と言ってお店を出る時のご主人の笑顔に私も笑顔。

和菓子屋さんや甘味処のこういう素朴な雰囲気って好き。
昔の人も同じようにここの粟餅に親しんでたのかなぁ。

HP* Link
[粟餅所・澤屋]
http://www.awamochi-sawaya.shop-site.jp/index.html
[食べログ]
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/42-bf95d3d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top