2017
03.14

リンツ ショコラ カフェ(京都四条通り店)* 「ショコラ・グラッセ・リエジョワ」

Category: @京都
内覧会にご招待いただいてから10日あまり経った13日の夜6時。『リンツ ショコラ カフェ』京都四条通り店に再びやってきました!(内覧会の様子についてはこちらの記事をご覧ください♪)



3月3日のオープンから間もないし、夜の方が空いてるかな?と思っていったのですが、、忘れてました。次の日ホワイトデー!はからずも仕事帰りの男性のお客さんがいっぱい!Σ(゚Д゚)ワオ!!

ほとんどのお客さんが商品片手にレジに並んでいましたが、私の目線はすぐさまカフェスペースへ。よし!空いてる!(`・ω・)✧

お店の奥のカフェスペースは、2人掛けの小さな丸いテーブル5つの計10席。
落ち着ける雰囲気はありませんが、それでも食べたい!リンツのカフェメニュー!

内覧会の時にはいただけなかった、「ショコラ・グラッセ・リエジョワ」(802円税込)を注文。
オーダー後は出来上がるまでしばらく待機。レシートにある番号が呼ばれたら取りに行くスタイルです。今回は混んでいたので時間はかかりましたが、それでも5分くらいかな?

IMG_6478_convert_20170313232741.jpg

「ショコラ・グラッセ・リエジョワ」は、言うなればパフェ。
リエジョワは「リエージュ風の」を意味するフランス語。リエージュはリンツの生まれたスイスの都市だそうです。豆知識。

底はカリカリのクルスティヤン(砕いたヘーゼルナッツクッキー)、
中にやわらかなチョコレートのソフトクリーム、
上はふわふわのクレームシャンティ、そしてアーモンドのヌガティーヌと薄いチョコレートが刺さっています。

食べ進めながら味も食感も変化していくので、最後まで飽きずにいただけます。
チョコレートソフトクリームは濃厚というよりむしろさっぱり。底のクルスティヤンはカリカリをそのままも良いですが、ソフトクリームと混ぜて食べるのが美味です♡(*´∀`*)

カフェと言っても基本的にはスタバのようなフリーなスタイルです。カウンター前にゴミ箱があるので、食べ・飲み終わったら仕分けして捨てます。同じところにお手拭きやナプキン、お水があります。お水は小さな紙コップに自由に入れることができます。

なお、今回いただいた「ショコラ グラッセ・リエジョワ」はプラスチックのカップに入っていますが、銀座店にはグラスに入ったさらに豪華な「ショコラ グラッセ・リエジョワ」があります。いつか銀座店のも食べてみたいなあ~

それにしても京都はチョコレートショップの進出が激しいですね。激戦区になってきていますが、個人的にはリンツは大好きなチョコレートショップの一つなので応援しています。

季節の限定メニューもあるので、季節ごとに通って行きたいと思います。

ごちそうさまでした♪

HP* Link
【リンツ】
http://www.lindt.jp/
【食べログ】


関連ランキング:カフェ | 烏丸駅四条駅(京都市営)河原町駅

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/425-ba4b5474
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.03.15 22:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top