--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
06.15

さるや宝泉堂* 「申餅」

Category: @京都
6月12日に下鴨神社で蛍火の茶会がありました。

ちょうど下鴨神社を通りかかったので寄ってみることに。
18時に糺の森に入ると下鴨神社近くの加茂みたらしさんや北野の天神さん近くにある老松さん、西尾八つ橋さんや錦市場の有名店が一同に会した出店。さすが下鴨神社は出店まで豪華。テンションあがるー!

中でも目を引いたのがさるや宝泉堂さんの「申餅」。

かつては葵祭の申の日に供えられていたお餅で、今年の葵祭に宝泉堂さんが約140年ぶりに復元されたのだそう。
という噂を聞いてはいたけど、まさかまさか不意に出会えるなんて♪甘いもの好きが高じたご縁?

お店の前に立ち止まると1つ試食させてもらえたのです。気前良いです~。
もちろん購入です。さるさる!

・2個入り(200円)
・6個入り(800円)

2個入りは簡易包装なので本日中。
6個入りが少しお値段張るのは箱代かな。おもたせにも良い木箱に入っているので数日日持ちします(2~3日?)。

迷ったけど…1人で食べるので2個入りの簡易包装で。



簡易包装のパッケージです。
左に「出来斎京土産巻之五」と書かれているので、絵は実際の江戸時代の書物から採用したのかと思います。

20100615101853.jpg

こちらが「申餅」♪

袋の裏に書かれた縁起によると、薄紅色のお餅は小豆の茹汁が入ってるとか。
中は餡子ではなく、茹で小豆が詰まってます。

柔らかいお餅にほんのり甘い茹で小豆…幸せ~。(*´∀`*)

お善哉がお餅になったような感じです。

宝泉堂さんの本店では常時売られているそうです。
下鴨神社では祭事の時には売ってるのかな?

説明書きもいただきました。

20100615101833.jpg

当時の人々が食べていた、感じていたものに近づくことで、歴史を身近に感じられる。
こういう出会いがあるたびに、やっぱり京都にいて良かったなぁと思うのです。

下鴨神社さん、宝泉堂さん、ありがとうございます。

HP* Link
[下鴨神社]
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
[宝泉堂]
http://www.housendo.com/index.html
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kurikanokon.blog70.fc2.com/tb.php/54-2a33ffc1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。