2016
12.24

浅野屋(東京ミッドタウン店)* 「チェリーパイ」

Category: @東京
サントリー美術館の展覧会を観るため東京ミッドタウンに行きました。

早朝の新幹線に乗ったので、開館前にはりきって到着!
せっかくなのでガレリアエリア1階の『浅野屋』さんでモーニング☆

硝子ピカピカ朝日サンサンのせいで足がどうしても写り込みましたが、諦めてレッツゴー。

IMG_5373_convert_20161221225434.jpg

1933年創業の軽井沢のパン屋さん。関西には店舗がないのでワクワク♪

パンはショーケースに並んでいて店員さんに注文するスタイル。
朝から美味しそうなパン、パン、パンがずらり!迷うー!!(*>ロ<*)

ということで人気商品という理由で「チェリーパイ」(310円)をいただきました。ドリンクは「カフェラテ」を。モーニング(8:30~11:00)はプラス200円で、コーヒー・紅茶・カフェラテ(いずれもIce・Hotあり)が付けられます。通常価格より150~200円お得です。

IMG_5374_convert_20161221225443.jpg

ツヤッツヤのチェリーパイ♡
輝いてます✲゚。ま・・・眩しいっ✲゚。( っω<)

IMG_5377_convert_20161221225454.jpg

立派なフォークとナイフが付いてきたので断面ものぞいてみました。中はカスタードクリームです。

IMG_5383_convert_20161221225505.jpg

パイがサクサク、良い意味でバターの風味が控えめで、あっさりと美味しい生地です。
酸味が際立つチェリーパイ。チェリーフィリングの味がめちゃめちゃ濃厚!

最初はナイフとフォークを使ってみましたが、やっぱり食べにくかったのでかぶりつきました。パンに対してカトラリーが大きいのでそのまま食べた方がストレスがなく、またパイの食感が損なわれず美味しかったです。いいんです。都会慣れしてないから(・∀・)ウマー

カフェラテは普通のカフェラテです。ほろ苦めかな。

IMG_5381_convert_20161221225516.jpg

浅野屋(ブランジェ浅野屋)さんは、東京で洋酒やパンを販売する『浅野屋商店』として開業。軽井沢に進出した後、1986年に日本で初めてスペイン製石窯を設置したハード系のパンの先駆けとのこと。後で調べてみたらすごいパン屋さんでした。

お店は入ったところは明るいのですが、イートイン奥になると日差しが届かずちょっと暗がり。明るい方の席が空いていなかったので奥の方に座りましたが、個人的には照明がもっと明るい方が嬉しかったです。お店の面積が小さいので、机と机の間隔は狭いめ。ゆっくり過ごすには少し落ち着かないかな。なんて、こちらの店舗自体にうーんと思う点がちらほら。

高級感があってお洒落なパン屋さん。
パンはとても美味しかったので、機会があれば軽井沢の本店で他のパンも食べてみたいです。

ごちそうさまでした!

HP* Link
[ブランジェ浅野屋]
http://www.b-asanoya.com/
[食べログ]


関連ランキング:パン | 乃木坂駅六本木駅六本木一丁目駅


Comment:0  Trackback:0
2016
12.18

丸久小山園 茶房「元庵」* 「抹茶のロールケーキセット」

Category: @京都
丸久小山園さんの茶房「元庵」にお邪魔しました。
場所は御池通から西洞院通を少し下がったところ。

京都は本当にあちこちにお茶屋さんがありますね。



丸久小山園さんは元禄年間創業。江戸前期くらいですが、京都のお茶屋さんの中でも結構な老舗かと思います。園祖は小山久次郎という方。現社長さんも小山姓なので、今も代々受け継がれているのかな。

本社は宇治。京都のお茶処はやはり宇治。支店となるこちらの西洞院店はお店の奥に小さな茶房があり、抹茶をはじめとした各種お茶や和菓子、テイクアウト可のほうじ茶・抹茶のソフトクリームもあります。

この日は近くでお昼ごはんを食べてきたので、こちらでは別腹のデザートを♪
いただいたのは西洞院店限定「抹茶のロールケーキセット」(1,200円)。

ドリンクは、薄茶・煎茶・ほうじ茶・玄米茶・グリーンティ・抹茶ソーダ・抹茶クリームティ・紅茶から選択できます。今回はまたも西洞院限定の「グリーンティ」にしました。

IMG_5208_convert_20161209012020.jpg

地味になりがちな抹茶のケーキですが、粉糖と抹茶粉で見た目華やかに。

スポンジはふわふわながら弾力があるので、横にフォークを入れてもなかなか切れません。上から押しつぶすようにフォークを入れると、中の抹茶クリームがとろり。この抹茶クリームが濃い!苦味の美味しい濃厚な抹茶クリームです。

対して生クリームは控えめな味。あんこは飾り程度かと思いきや、存在感があってロールケーキとも相性ばっちりでした。

IMG_5211_convert_20161209012029.jpg

グリーンティは想像したより甘め。その辺のカフェなら薄味になるところですが、さすがお茶屋さんのグリーンティは甘くても風味を損ないません。茶葉が違うということがよくわかります。

暑い日だったので甘くて冷たいグリーンティがどんどん体に沁みていきました。美味しい~(*´∀`*)ウハー
ケーキとグリーンティだと甘すぎたかな?甘々コンビでした。甘党には最高でした♡

IMG_5214_convert_20161209012039.jpg

最後に冷茶をサービスでいただきました。
お猪口サイズのガラスの器が涼しげ。もちろん美味しかったです。

IMG_5217_convert_20161209012050.jpg

お客さんが少なかったこともありますが、静かで落ち着く空間。
京都のお茶屋さんはお店によっては騒がしくて落ち着かないところも多いので、こちらは居心地が良かったです。それでも観光シーズンは人がいっぱいなのが外からもうかがえますが・・・(^_^;)

お茶はお抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶、玄米茶にグリーンティ。
お菓子は和菓子の生菓子に、抹茶ぜんざい、かき氷などなど。夏季限定の「にんじん かき氷」は、いつも気になるのですがなかなかオーダーする勇気はない。。

よく通る道なのでまた立ち寄りたいと思います。

美味しかったです。ごちそうさまでした♪

HP* Link
[丸久小山園]
http://www.marukyu-koyamaen.co.jp/index.html
[食べログ]


関連ランキング:日本茶専門店 | 烏丸御池駅二条城前駅丸太町駅(京都市営)


Comment:0  Trackback:0
2016
11.22

ムレスナティーハウス京都* 「キャラメル・アイス・ドルチェ」

Category: @京都
残暑の厳しい9月の初め。涼を求めて『ムレスナティーハウス京都』本店にうかがいました。

現在のお店は2005年オープンですが、お店自体は1999年にオープンした紅茶専門店で、スリランカのリーフメーカー『ムレスナ社』の日本代理店。祇園祭の山鉾「占出山」にあります。

一応前置きしておきますと、私は紅茶は全く詳しくありませんのでご了承ください(ヾノ・ω・)



紅茶(リーフ)を広めることを目的に開店されたお店なので、紅茶の風味を阻害しないよう全席禁煙。お水のサービスもありません。

ただ、その代わりに水出しの紅茶サービス(ウェルカムティー)があります!!(`・ω・´)キリッ
ウェルカムティーは月替り日替り。この日は「美しいメロンな午後」という紅茶でした。リーフ名がすごい・・・

IMG_5245_convert_20161106201821.jpg

メインメニューはフレーバーティーですが、ランチのお食事やケーキセットなどデザートもあります。
私がこの日お願いしたのは「キャラメル・アイス・ドルチェ」で、デザートに近いスペシャルティー。

このメニューにはオススメのホットストレートティーが付くそうで、メインが来る前に提供されました。この日のフレーバーは・・・ごめんなさい、忘れました|彡サッ

IMG_5248_convert_20161106201830.jpg

しかも小菓子付き♪ちょっとお菓子に対してお皿が大きいのか雑に見えるのが惜しい。

IMG_5249_convert_20161106201840.jpg

そしてこちらが人気メニュー「キャラメル・アイス・ドルチェ」(1,575円)!
アイスがその時々で異なるのかな?この日はミルクティーアイス♪

IMG_5252_convert_20161106201848.jpg

キャラメルティーのクラッシュアイスの上に、アイスクリームとホイップクリームが、ででーん☆(>ω<)

添えのミルクを注ぎながらいただきます。
クラッシュアイスがちょっとずつ溶けていくので、お好みの濃度に調整♪

そしてミルクティーアイスが美味しいのなんのって!
アイス単品追加したいくらい、本当に美味しかったです。

全体的に飲みごたえがあるボリューム。
夏の暑さが心地よくなるくらい、冷たくて甘くて美味しいティースイーツでした。

この日のお客さんは9割が女性でしたが、男性も見かけます。若いカップルもちょいちょい。

あとは席と席の間の間隔が狭いので隣のテーブルがどうしても気になります。ただ、すぐ満席になる人気店なので、席数を保つには仕方ないですね。一人でゆっくり過ごすには向かないかもです。

高級茶葉のお店にしては、店員さんの接客具合はまちまち。お店の老朽化も少し気になるところなので、お掃除がもう少ししっかりしていると良いかなあと。

でも!

リーフのこだわりと紅茶の味は折り紙つき。
リラックスした雰囲気で上質かつ美味しいひとときを。

そんなわけで、またうかがいたいと思います。
ごちそうさまでした♡

HP* Link
[ムレスナティーハウス京都]
http://www.mlesna-kyoto.com/index.html
[食べログ]


関連ランキング:紅茶専門店 | 烏丸駅四条駅(京都市営)烏丸御池駅


Comment:0  Trackback:0
2016
11.04

Dari K 本店(移転後)* 「フレッシュ・チョコレート」

Category: @京都
大好きなお店、『Dari K』さんの本店が、三条商店街から北区の新大宮商店街に移られました。
実は結構ご無沙汰していたので、10月2日の開店から1週間ほどでウキウキしながら新店へ((((*・ω・)イソイソ♪

北大路通りから商店街入口を上がって行ったのですが、思っていたよりずっと北の方でした。通り向かいに和菓子の鼓月さんがあります。

私がダリケーさんを初めて訪れたのは創業から半年少し経った2011年11月。小さなお店で出会ったインドネシア産の美味しいカカオのチョコレート。何より代表の吉野さんの考え方に感銘を受けて以来ファンとなり、ひっそりとずっと応援してきたからか・・・新店舗を見てなんだか感無量(´;ω;`)ブワッ

白基調のスタイリッシュな外観。お店の中も広くなりましたね。



改めてご紹介すると、『Dari K』さんはインドネシア・スラウェシ島のカカオ豆の調達、またそのカカオを100%したチョコレート商品を開発・製造・販売している京都のお店です。カカオに関しては現地で技術指導を行って生産者の所得向上・カカオ豆の品質向上にまで取り組まれるなど、実際にはここでは語りきれないほど多くの事業を展開されています(詳しくはHPや代表者ブログをご覧ください)。

さて、新本店の中に入るともうカカオだらけ!

カカオ豆が積み上がったディスプレイ、カカオ豆が埋め込まれた壁、インドネシアの木材を使用したショーケース・・・!!窓際に吊られたカカオポットの形をしたガラス瓶は、どこかで見たことがあると思ったら「神香(かかお)」という商品(カカオを使ったお酒)に使われていたもの。

というあたり全て店員さんに教えていただきました。とても気さくに話しかけてくださるので、ついついこちらも興奮して色々聞いてしまったり試食もたくさんいただいたり。ありがとうございます♡

オープン後の新商品もありましたが、実は結構久しぶりのダリケーさんだったので、定番の 「フレッシュ・チョコレート(6個入り)」(2,500円)をいただきました。

IMG_5493_convert_20161104220115.jpg

フランスのチョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ』にも出品された商品で、全5種類。

・プレーン
・オレンジ
・シナモン&クローブ
・ラムレーズン
・柚子抹茶

6個入りのこちらの商品にはプレーンが2つ入っています。他に3個入り、10個入りとありますが、種類は選べません。

心なしか、以前より美味しくなっている気がしました。久しぶりに食べたからなのか、興奮していたせいか、焙煎機が新しくなっということですがそのせいなのか。いずれにしても、こちらのチョコレートの風味の豊かさには毎回圧倒されますね。

植物油脂は一切使用していないフレッシュなチョコレート。んー、美味しかった♪
ちなみに創業当時と変わりなければ、木箱もインドネシアの木を使用されているのかと思われます。

他にも新商品の「コーヒービーンズチョコ」や、人気の「カカオニブ」等々以前からの定番商品もパッケージを新たにして並んでいます。贈答用もパワーアップしていました。

個人的には昔の丸いトリュフの再販を期待したいところですが、今のところ予定はないとのこと(´ε`*)シュン...
でも今後もまだまだ進化を続ける期待大のDari Kさん。

これからも応援しています!
ごちそうさまでした♪

HP* Link
[Dari K]
http://www.dari-k.com/
[食べログ]


関連ランキング:チョコレート | 北大路駅


Comment:0  Trackback:0
2016
10.17

SEction D'or(セクションドール)* 「タンドリーチキン」

Category: @京都
フランス語で“黄金比率”を意味する『SEction D'or(セクションドール)』さん。
平安神宮のある京都は岡崎エリア、疎水沿いにあるタンドリーチキン専門店です。珍しい~!



テーブル4つ・8席の小さなお店な上に人気店なので、ランチもディナーも普段は予約をしておかないとなかなか入ることができません。が、今回お昼のピークを回った頃にダメ元で覗いてみると、運良く1テーブル分だけ提供可能とのこと!٩(ˊᗜˋ*)وワーイ♪

天井が高くて開放感のある店内。シンプルで余計な家具や飾りはありません。ただし、テーブルは黄金ピカピカ!写真を撮ろうと下手に覗き込むと顔が映り込むので注意ですΣ(゚Д゚)ハッ!!

ゴージャスなメニュー表ですが、メニューはシンプルに「タンドリーチキン」(1,900円)のみ。普段は優柔不断な私も、ここではメニューに迷う必要はありません(*´∀`*)ウフフ

IMG_5101_convert_20161006225049.jpg

そしてこちらが念願の「タンドリーチキン」☆

IMG_5104_convert_20161006225040.jpg

宮崎県霧島産の鶏肉を使用。数十種類のスパイスを使ったマリネ液に漬けこむそうですが、チキンの仕込みだけで1週間。直本工業(蒸気機器開発トップシェア)製のスチームオーブンで、蒸気温度300度で焼き上げられるとか。ここのタンドリーチキンは紛いもなく本気です。

無酸素状態で焼き上げられたタンドリーチキンは、一口食べるともう虜。外皮パリッ!中はしっとり柔らかく、噛むほどにじゅわっと旨味が広がって、それなのに後味はすっきり。そしてマリネのスパイス感のバランス。

とにかくもうめちゃめちゃ美味しい♡(灬ºωº灬)

チキンだけではなくお野菜も味が濃くてとても美味しい。パンは大阪の人気店『パンデュース』さんのバケットで、言わずもがな美味しいです。

インド料理店で食べるタンドリーチキンとは毛色が異なります。店主さんはフレンチ出身なので、フレンチ寄りにアレンジされたタンドリーチキンではありますが、これはこれでそれはそれ。美味しいことに変わりなし!

ちなみに後々調べてみると、ナイフとフォークはフランスのLAGUIOLEを使用。一見すると分かりませんが、タンドリーチキンにかける美味しさの追求とこだわりはところどころから垣間見ることができます。

集中して無言で食べたくなる、本気のタンドリーチキン。期待以上でした!

今度は予約して伺いたいと思います。
ごちそうさまでした☆

HP* Link
[食べログ]


関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 東山駅神宮丸太町駅三条京阪駅


Comment:0  Trackback:0
back-to-top